翻訳Translation

他者を敬う「いにしえの文化」
My second You are the first
 old culture of Japan 
翻訳
9か国語に対応
   カウンター
翻訳Translation


 人の祖先である類人猿は、集団で助け合う群れの生き方を選択して、その歴史の中で他人に対する愛や優しさ、社会性、人格が必然的に芽生えて今日に継承されてきたが、近年の過度なネット依存「買いものができて、調べものや金儲け、遊び、名前も売れる」による人間離れは、長年の歴史とDNAを損なう行動になります。
 言い換えると自分以外の他人「友人、家族、知人、市民」は気を使う必要のない、無価値な存在になってしまうのです。
 その結果、弱者「児童虐待、女性への暴力、ドメスティックバイオレンス、老人への詐欺やアポ電強盗」への犯罪が激増し、国も個人も覇権主義で若者が集団で金のために老人を襲ったり、無抵抗な幼児への大人の暴力など、いにしえの時代には考えられない弱肉強食社会です。

 社会がこうした「現実を認識できないネット依存症→異常者」を理解できないと、今後も対応は後手を踏み犠牲者と罪人の歯止めはできない。わずかな希望は、浮世絵に見られる他人と睦みあい敬っていた江戸時代の庶民文化です。
 自分も人並にという他人を意識した向上心に芽生えて、趣味や習い事が流行る文化的社会で、粋や風流を楽しみ花見のように他人と共有しあえれば、地球家族が見えてくる。

2019.3.14の中日新聞夕刊1面トップニュース 
18年・警察庁「児童への身体的虐待被害 最多の1394人」前年比12.3%増縦線グラフでウナギ登りで虐待が伸びている人類の衰退を見る!。
グラフを動画で見る

 全てのページカウンター累計 2019.12,1.現在
 3.011.692
パソコン購入2002.12.16 HP開設2003.7.16
300万超  
当サイトの訪問者数は「Googleアドセンス」サイトから取り込んでいます。全ページの全期間や月間ごとなどのあらゆる集計、データベースが閲覧できる。
今日は  です。

 
長年のHP更新は、文章でいう推敲として新しい世界「いにしえの文化」に目覚め、Topページの構成を変更しました。

絵を描き、文章を綴り、土をこね、俳句を捻ねり、HPを構築した。
人間だけに与えられた創造的文化を、自分のパホーマンスとして演出できれば、人生は他人と習い事を共有できる穏やかで文化的な社会が訪れるだろう。
錦絵でたのしむ江戸の名所 - 国立国会図書館

浮世絵は現代人が失いつつある他人とのつながりを、当時の庶民の風俗画として生き生きと表現されていて、粋や風流の価値観、人を敬う美意識、自然との共有などが伝わります。
祭り、盆踊り、男気、花見 観月 雪見 風流」等を他人と睦会い愛でる「コミュニティ」の習慣であり、反対語の「野暮や無粋」「醜悪」を恥じとする文化でもあり、法のまえの秩序が保たれた穏やかな社会です。特徴は「お休み処」が方々に有って、四季折々にそこで他人と睦会う長閑な作品が多くて、自分の好みで100点ほど選んで動画UPしました。ネット、電話、車、飛行機 電気もない時代の人々の穏やかさを、現代人はどのように感じるのだろうか

当時は地球家族「マイホーム」や「生き物たちの地球」という言葉はなかったが、生き方自体は自然や他人と共有する行動で先人を誇りに思える。



広重の浮世絵動画100選
長さ10分
長さ10分の動画を全画面にしてスライドで眺めていいる至福のひと時。

詳細は最下部↓へ

 
  ページの更PageRinyuuaru 
 12月の 仲よし会予定

New page UP
浮世絵風な水彩画
「水彩画のコンセプトを変更」
Ukiyoe sutairu watercolor painting

以前の「理容人生」は趣味&地域、実用的的項目top に移動しました

EMail =oiroy61okeus@ybb.ne.jp
yorio66sueko@gmail.com
 
 他者を敬う「いにしえの文化」30
 1 日本人の美意識 Top
japanese aesthetic sense
おもてなしや礼儀深い国民性を持つ日本人の考え方。人生観
2  開花した異文化の花見の宴 Peace of Japanese cherry blossom viewing 花を愛でるだけでなく人と睦みあうことに意味がある桃山時代からの花見の文化。
3  観光NO1の京都の魅力と歩き方 Top
Kyototourism
おもてなしのいにしえの文化が感じられる世界一の人気歴史観光都市
4 Artの入口
Art entranceTop
 ヒトを人間にするArtの入口
5  楽しい水彩画Top
Japanese old paintings
愛するものを表現し尊さを訴えるアーティストの道。
自分でつくれる100歳健康体センテナリアン
centenarian 
最新の研究で社会や他人とのコミュニティが、健康長寿に役立つことが分かった。まさに他人を敬える共有社会だ。
7  学びすと Top Learn people  他人の優れた部分を敬い、自らも向上し共有したいという思いが習い事につながる。自分ファーストな人には無い感覚。
8  小さな人間の勧めTop  人はジグゾーパズルの小さな1辺(ピース)のような儚い存在であることを知ることが、広い視野(外界)と豊かなこころ(他者愛)を得る
9  郡上の鮎釣り ayu fishingTop  雅の釣りと称した人がいたが、渓流は自然の一員を体感できる私の原点。
10 テニスTennis circle policyTop
 テニスではお互いがサービスを与え合って競うスポーツで、ひとつの礼儀ある芸事と言える。
11  日本仏教13宗派
Buddhist sect
 過去現在未来にわたる尊い命の継続と生死観
12  エッセイEssay Top  文は人なり、ペンを惜しむこころで簡潔明瞭を、
13  江戸文化Edo culture 士農工商の枠を超えた習い事ブーム「人を敬う」文化の香り高い 江戸時代。
14  俳句Haiku& 俳画  俳句のこころである余情は「言い過ぎ」を嫌うが、慎ましさに通じている。
15 他者愛と自己愛Cthers loveTop 他者が豊かに生きられる環境こそが自分にとっても望ましい地球環境。マイホームは当HPの主要なコンセプト
16  苔むす陶芸 CeramicsTop  日本人のこころである侘び寂の世界
17  尾張名古屋の文化Cilture Of OwariNagoyaTop  尾張徳川家の文化や四観音。宗春さんが江戸文化を普及させた。
18 私の好きな4大スポーツFavorite SportsTop 「美しいサッカー」とか「ボクシングは芸術」だと言った監督やコーチがいたが、熟練された技はアートだ。
19 郡上盆踊り&観光Gujo Hachiman Bon danceTop  まさにいにしえの他人と交わる粋と風流な踊りの文化
20  「粋と風流」な浮世絵80」
Ukiyoe
 善悪とは別の粋や風流を他人と共有できる社会を望んだ先人の美意識。遊びこころ。
21  禅と水墨画Sumi-e painting  何も描いてない余白を活かすことで余情を楽しむ。社会も他人を活かして自分が生きる道ができる。
22   ヘアサロンツツミTop  今日のツツミは、利益より客人とのコミュニテイが主なる営みで慶びです。
23 宗教の部屋 religionTop 葬儀は仏式、正月や祝い事は神社、婚礼は教会という、世界では稀で多様な宗教観。
24
アニマルゾーンTop 人間も動物の一員で、人を知らんとすれば動物を知れ
25  日本の世界遺産
world Heritage
世界に認められた遺産とは人類の重みを表す
26 ホームページ&SNS
home page
Top
世界につながる自分専用の放送局で管理人が最も力を注いだ趣味です。2003年UP
27 海釣りSea fishingTop 生物は海から生まれた。海原の天地の境目は丸くて確かに地球だ。ボートの自分は波間に消えるくらい小さい
28   電子書籍の出版方法
水彩画、陶器、水墨画 俳句、エッセイで綴る
ネットと同じ名前で出ています。1いにしえの他人を敬う文化日本人の美意識
 29 大衆アーティストの道
Artist
 
ネットで買い物=売り手も広がる
30 Googleストリートビューの操作と楽しみ方歩き方Top 地球はなんと美しい星なのか。ストリートビューで Viva Earth!マイホーム!。
 仏文化が脱貧困を改善した。 2013.2.7付け中日新聞朝刊

 貧しさが原因で社会から孤立する市民はどこの国にも存在する。15年前にフランスの俳優ロジェ・アンナ氏が思いついた「劇場の空席をなんとか社会に役立たせたい」というアイデアが、大きな運動となり孤立した人々を社会に呼び戻している。

呼び戻せるのは金でも食料でもない、フランスの文化や芸術だとする考えであった。パリなどの数百もある劇場や映画館、文化施設の協力で無料チケットが配られて、オペラやシャンソンに接する機会が増えた路上生活者たちは、心に感動という栄養を与えられて、外出が増えたり同じ環境の人と励まし合ったりできる外の世界に関心が向いて、定職につける人も増えた。
その数は延べ数で200万人に達して、協力施設は国立近代美術館や凱旋門、モンサンミッシェルなどの観光地までが参加するようになった。

「社会復帰はまず外にでること、その切っ掛けになるのは芸術文化である」と事務局は述べているが、さすがフランスらしいボンサンスな言葉で十分なシェアができる。
このような「人として成り立つのは食料やお金ではない」という視界の広い豊かな発想、美意識が、文化的な関わりのある一俳優さんから生み出されて大きく成長したことに文化芸術の意味がある。
外にも出よ触るるばかりに春の月    中村汀女
外には時々息をのむ感動がある
 開花した異文化の花見の宴 粋と風流な浮世絵80
 
  管理人の「他人を敬う」いにしえの文化の捉え方
     
 他者を敬える人
他人を意識する言葉「礼儀、信義、謙虚さ、自戒、節度、分別、調和」を認識できて尊べる。認識できれば=自分を戒め省みられる人になり=、他者と睦みあう祭りや花見を楽しみ、”人並に”という思いから習い事に興じて、男の美学「粋や風流」を楽しみ、反対語の野暮、無粋を恥じとして、浮世絵に見るような庶民文化の花が咲いて、他人と共有できる穏やかな文化を目指す。
 いにしえの文化の多様さ
国立国会図書館ではさまざまなデータ別での閲覧できますが、年中行事を題材とした浮世絵を見ると「錦絵で楽しむ江戸の名所」人々が四季おりおりの行事を楽しむ様子が克明に見てとれます。例えば夏の川遊びに、休憩や飲食を楽しむ小屋が建てられていて、自然のなかの一員という他人と共有できる豊かさを絵画から感じます。
データは春夏秋冬に分けられて、それぞれの四季のお祭りや鯉のぼり、酉の市、納涼、江戸三座顔見世など、また雨、雪、夕暮れ、ツバキ、桜、梅、朝顔等、まさに日本人の美意識や自然観と、睦会う人々の他者愛文化を理解でき、当サイトの管理人として嬉しい限りです。
  
○キーワードは夏、川遊び 川開きなど。王子滝の 広重

よく見ると左下の休憩所のリラックスした人物= 豪華さや金銭では求められない自然や他人を友とした画家のこころ&価値観=長閑さや平穏さが伝わり素晴らしい。

 生活の知恵
ご近所リンクneighborho
odTop
 
 全国医学部付属病院一覧  市民の敬老特典Aku Benefit Nagoya   もし癌の宣告を受けたらTop 
 もし亡くなられたらProcedure after death  画廊&美術博物館  名古屋動物病院一覧   法律無料相談所 
自分でつくれる百歳長寿の健康体 
管理人の創作パフォーマンス

    その他 ホームページ 俳句 エッセイ 

右下の水彩画は「柳湯」という銭湯ですが、京都の映画村で撮った写真を使い絵を描きながら、当時の銭湯は混浴で社交場だったと言われていた原因を考えてみた。家庭風呂に「男湯 女湯」の区別がないように、家族社会という江戸文化の影響ではと想定した。もしこれが本当なら世界に冠たる平和文化であり、地球家族という人類の究極な進化が見えてくる。

 
陶芸
 
 
  水彩画
 
写真Artの入り口

東山動物園星が丘入口
 水墨画

  他人より自分を尊ぶ自分ファースト

上から目線=自分を省みることができず反省ができない=蔑視している他者には批判的=人並に習い事をする気はなく目先の損得に拘り、=社会の一員としての義務、人としての分別、節度の意識がない。
従って自由平等であっても、自戒できないことが向上心や学ぶ文化をなくして、協調からはずれた対立や争いの方向に向かうことになる。

自由平等や多数決は民主的で響きの良い言葉に感じそうですが、感情や欲望を持つ人間にとっては不完全です。例えば「誰でも自由平等に意見が言える」と解釈されると、秩序や節度のない自由勝手の言いたい放題で争いが生じ、「多数決」でも主導する多数派は、ボスが君臨する自分たちだけに都合のよい権力集団になり、数の多さのパワーで個人が虐げられることが少なくない。.政党や派閥の「国民のため」は口先だけで、組織の安泰や利害を優先することは珍しくない。
 こうした流れが組織にできると、エスカレートして誰も異を唱えられないブレーキをかけられない集団的ダイナミズムが生じて暴走し、先の戦争前のように破滅に向かうまで止められないことになる。
 他者と関わる原点の夫婦間でも「そこまで文句を言うなら俺も言う」の亭主の平等感覚は「目には目を」になりかねず「粋や風流」や「男気」から外れた野暮で無粋だと言わざるを得ない。
 いにしえ人の倫理観は善悪とは別の、粋や風流の遊び心で自然や他人を敬い愛しく睦みあへる共有社会に、調和の美意識を持っていたのです。
 当管理人が補足すれば、対等は対立になりかねないので、50:50[ヒフティヒフティ]ではなく、60[他人]:40[自分セカンド]が習い事を普及させて粋で緩やかな明るい社会を共有できると考えられます。

花見 春まつり 盆踊り 花火大会 夏祭り 観月 紅葉狩り 秋まつり 雪見 茶会など、自然と人間との関わりを常に尊び楽しみ文化となる。 


  他人を敬う文化が何故戦争を!
 外部ilink 松代象山地下壕のご案内   松代大本営跡 - Wikipedia
  ●1941月12月8日 =この日の未明に日本海軍は真珠湾奇襲攻撃=日米開戦 (管理人はこの年の4月生まれで疎開先でB29の編隊飛行を見た)
●1944年7月7日サイパン島陥落。
●1944年10月10日
=沖縄大空襲、空と海からの鉄の暴風と言われる無差別攻撃。
●1944年末?=制空権を奪われて日本本土への空爆が始まる(戦略爆撃でも軍施設だけでなく、都会も戦略的に捉えるので多くの民間人が死亡) 
●1944年月11月11日11時にサイパン陥落と本土空襲が始まったことにより、本土決戦を覚悟して大本営や皇室を秘密裡に長野県の「象山地下壕」に移設すべき建設が始まる。
●1945年3月7日
=硫黄島玉砕
●1945年3月10日の空襲=東京大空襲=(下町空襲で死者10万人)
●1945年4月1日=沖縄本島に米国が上陸し、日本初の地上戦で民間人13万人死亡。また民間人収容所では栄養失調やマラリヤで6423人も亡くなる。
●1945年5月14日=空襲により焼夷弾直撃で名古屋城焼失
●「1945年6月23日」に沖縄司令官が自決した日をもって、沖縄における組織的な戦争は終わったとされる。
●1945年7月16日=アメリカが初の核実験を成功。
●1945年8月6日8時15分=広島への原爆投下=。市民14万人が死亡。
●1645年8月8日ソ連対日宣戦布告
●1945年8月9日11時2分=長崎への原爆投下=市民が7.4万人死亡。
●1945年8月15日= 終戦。「象山地下壕」8割は建設が進んでいたが完成を待たず敗戦
●2016年8月12日=終戦後71年が経過したこの日の中日新聞に「戦争の放棄をうたった憲法9条は当時の幣原(しではら)喜重郎首相がGHQに提案した」という学説を補強する新たな史料「マッカーサーの書簡」を堀尾輝久、東大名誉教授が見つけた、という記事が載る。
71年が経過した日本の社会は自民党を主にした「戦勝国が短期間で押し付けてきた日本の憲法を日本人が改める」という改憲勢力が選挙で2/3を占めるに至るが、報道が事実だとすると政府の国民に対する態度は、戦前も戦後も変わらず野暮で無粋に思えるが?、、、。
●この時代は毎年夏になると戦争体験者等の生々しい発言が新聞等で報じられて、戦争を知らない世代でも悲惨さを感じ取ることができるが、何百年も先には体験談のような悲しさを訴えることはできなくなる。
 しかし何百年も前のいにしえの平和文化を現代人が汲み取れたように、自分たちの子孫が戦争の愚かさや、いにしえの平和文化の大切さを自覚できるかどうかは、ひとえに豊かな文化的社会の継続が前提ではないだろうか。

-------------民間人の死者80万人-----------

 沖縄県民10万+広島14万人+長崎7.5万人=315000人。残りの48万人は硫黄島玉砕以前の1944年に、すでに制空権を奪われて本土はサンドバックのように爆撃を受けて民間人が死亡したことになる。この負け戦の戦況で犠牲者をいたずらに増やしてきたが、もっと早く白旗を上げるべきだったのでは?の疑念が払拭できない。
 戦争を始めたのはそれなりの大義があったのだろうが、一年目から制空権を失い、無防備な市民が日々爆撃で殺されていた負け戦の現場で、けじめを付けられない国家に、開戦への大義名分は無かったと言わざるを得ない。その上戦況の事実は国民に知らされることもなく、最後の一人まで戦うことを美化して、その裏で大本営や政府が秘密裏に山中に堅牢な
松代象山地下壕を建造して、長期間の食料を備蓄していたことは、ぞっとするような日本壊滅の瀬戸際ではなかったか。
  終戦のチャンスは「6月23日」沖縄陥落だったが、原爆もソ連の参戦も防げたことを考えると、数字の推移や松代象山地下壕は日本の歴史上もっとも大きな権力集団の暴走で、人間として歯止めの効かない、誰もブレーキがかけられないダイナミズムを持つモンスターのようであったことを心に刻むべきだが、何十年という歳月は、甚大な代償や尊い悔恨を薄れさせて、再び対立的な「自分ファースト」が世界で頭をもたげることは人間の必然な定めだろうか。


 
 人生はモチベーション2019;8;

 
 今年も8月19.20に郡上踊りに行き、帰りに10曲のうち半分しか踊れないので、現地で「踊り方」の本を買った。妻曰く「まだ踊りを習って行くつもり?」。????
 よくよく考えれば自分は78歳。免許証返納も有りうる昨今に、今頃から覚えようとする自身に呆れたが、「学びすと」は信条であり「人生はモチベーション」という言葉も加わって、その上自分の年齢は60歳ぐらいの感覚でいるので違和感はなかった。
 
 過去を振り返ると運転免許を昭和43年に取得したが、当時の家業は月に一度の休日だったので、スクールへ行かないで免許を取ったが、この時の体験は自分には良い経験だった。46歳のテニス入門も独学でコートを借りて黙々と理論を楽しみながら追及できた。
 現在でもテニスコートに入ると、勝ち負けではなくコートが真っ白い画用紙のように感じて、当時の感覚が蘇り今日の半日をどのようなパホーマンスを表現できるか、モードを100%切り替えてモチベーションが高まり、大半が自分より若いメンバーとプレー楽しむことができている。

 水彩画も独学だがスポーツや芸術はより高い理想的なイメージを、脳裏に浮かべてプレーできるかどうかだが、その前提としてモードの切り替えとモチベーションを高めることが必須になる。車のハンドルを握る ハサミやカミソリを持つ 絵筆を持つ PCのマウスを握る、また趣味だけでなく、家庭や社会、人生に対しても、モードをそれぞれに切り替えて、日常の「活力や覇気」を習慣にできれば、より健康的で前向きで有意義な生涯になるだろう。


ちなみに「モチベーション」を高めて作ったホームページです。Website 郡上八幡盆踊り

国立国会図書館

浮世絵参考
 動画で利用案内
youtube

錦絵で楽しむ江戸の名所


国立国会図書館の関連内容抜粋

国立国会図書館ウェブサイトへのリンクは、基本的に自由に行っていただいて結構です。

国立国会図書館ウェブサイト内の各ページにリンクを張られる際は、そのページが国立国会図書館ウェブサイト内にあることが分かるように、必ず明記してください。

なお、リンクする際には次のバナー及び各サービスで提供するバナーをお使いになれます。

バナー画像 - 210×40ピクセル GIFフォーマット 9KB
バナー画像

当館へのお申込みが不要なコンテンツについて

以下の(1)から(3)までに掲げるデジタル画像は、当館所蔵資料のデジタル画像で著作権保護期間が満了していますので、転載依頼フォームによるお申込みは不要です。ただし、画像以外の説明文の利用や電子展示会の一部又は全部の構成を再現するような利用については、転載依頼フォームからお申込みください。

  • (1) 次の電子展示会に掲載されている、すべてのデジタル画像
  • (2) 次の電子展示会に掲載されている、当館所蔵資料のデジタル画像
  • (3)「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されているデジタル化資料のうち、個々の画像の書誌情報の公開範囲の記載が「インターネット公開(保護期間満了)」となっているもの。

    お問い合わせ

    国立国会図書館 利用者サービス部 サービス企画課 展示企画係
    〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
    Tel:03-3581-2331(代)
    E-mail:webcontアットマークエヌディーエルピリオドジーオーピリオドジェーピー


 備忘録PCでインスタグラム投稿方法

1. Chrome上で「Instagram」と検索
2. 画面右上の丸3つのマーク→その他のツール→デベロッパーツールをクリック
3. 右側にコードが表示→コード内左上のスマホマークをクリック(または?+?+M)
マウスが丸い形になり、それをインスタグラム画面の左上のカメラマークに合わせてクリックすると
下の真ん中に+が表示、それを押してファイル画面に切り替わり投稿。、

続けての投稿はGoogleの更新ボタンを押して繰り返す。
PC上の保存されている画像を選択し、編集や位置情報の選択し投稿します。

ストーリーズは15秒以内 直接撮影動画
動画IGTVは60分以内 保存動画、アプリは必要はない 右上のテレビマークを使う