Top理容人生 
地域や健康top
     翻訳Translation
Artの入口Top
Welcome to a art life
禅と水墨画Ink painting
他人を尊び自らを諌める人間社会の基本
 
 
カウンター 

基礎から習う ツツミ水彩画教室 2011.4.11

 水彩画教室1    水彩画教室2ブログ  水彩画教室3ブログ 水彩画教室4 
水彩画教室6
 水彩画教室7
  水彩教室8
 浮世絵風教室1

 動物水彩Gallery5  
 
デッサンの極意
  静物&花,人物画  浮世絵風に手描きした水彩画集 水彩画用紙&額の規格とキャンパス 
 富士山と桜Gallery6 ストリートビューから写生「欧州」     絵画の個性  
ヘアースライドショーGallery7 Japanese watercolor landscape painting 動画  水彩プレゼン動画
水彩新作スライドショー  painting日本の水彩風景画2   水貼りと剥がし方
画家の摸写Replication
Gallery8
水彩画用紙の種類 ストリートビューから写生
 俳画Gallery9           絵画の課題=立方体     浮世絵80  水彩画の描き順1
 田舎の絵1
 田舎の絵2 学びすとの基本  絵心テスト   小技と彩色
禅と水墨画   その他の絵3 コツトマン紙の混色表 キャンソン紙の混色表
 
 




 
筆を惜しむこころ
文章や絵画表現で筆を加えることで自己主張する人が多いですが、白い画用紙に余白がないほど黒々としたら余情は生まれません。水 墨画には「筆を惜しむ」 という言がありますが、自己主張や自我を惜しむという意味でもあり、昔は禅僧が修行のために描いたと言われています。
墨は紙の白さを活かして墨になり、余白を持たせ濃淡で余情や枯淡を漂わせるのが水墨画です。何も描かれていない部分が余情として見る人の思いを無限に広げ、小さな色紙から大自然が連想できるものは、墨と紙の白とが程よくコラボで相まって余情になります。真っ黒では白も黒も友死にで、描いた人の人間性を疑われることになります。社会も他人を活かして他人にとり良い環境が自らも生きられる安らぎの環境になります。

 
圧倒的存在感と悠久さを持つ自然は動植物の生の営みを一際ひきたたせる。そこは一切の無駄と贅沢のない調和された世界で、水墨画はこの大自然が持つ簡素で質実な美と、日本人の独特な自然観を表現するのに最適な芸術である。
 描こうとする「もの」から無駄をぎりぎり剥ぎ取って、墨の冷えた質感を枯淡で表現する。『筆を惜しむ』水墨画の精神は、我欲や煩悩をどこまで払拭できるかと古くは禅僧の修業として用いられ、謙虚さと清貧の思想を尊ぶ文に愛されてきた。
その心とは 「他人を尊重する」ことを美とするいにしえ人の美学です。 



 書画一体と言うように水墨画も筆勢で即決的、直接的、に表現します。墨一色で人世の哀歓やもののあわれなどの心境を表現するための限定的な技で、枯淡、省略、大胆、単純、豪快、勢いを筆を惜しむこころで描きます。
墨一色で描くため様々な技法が考えられた。筆勢、渇筆、没骨描写、白描法、かすれ、にじみ、直接的、決的、気韻生動などで、枯淡、閑寂、詫び寂びの冷え冷えとした印象を表現します。
この技法は水彩画にも十分利用できます。
楽しい水彩画Top
 
 下作品集右の図の説明

水墨画は簡潔な筆使いが特徴で、例えば一枚の葉を二筆で描きます。②は葉の下半分③は上半分。②の筆の先は葉の真ん中の葉脈「直線」を引き筆の腹で曲線を引きます。
 ③に筆先は曲線、筆腹で直線「葉脈」を引くことになります。
つまり微妙な角度の筆運びが必要。X印のような運びは真っ黒になり濃淡の葉は描けません。その他1は上下の葉の二筆を筆先で葉脈を描きます。2は逆に筆の腹がまんなかの葉脈「直線」を描く描き方。いろいろ試してください。
 この画法は葉の葉脈に沿う塗り方や風景画での難しい樹木の「前後の関係」など応用範囲が広い高度な技に使えます。


 

高画質写真ツールはブラウザのGoogieまたはFirefoxでご覧ください。
その他では表示されないミスがでます。
 高画質写真展示ツール(Ver3)


このソースは QPONさん よりお借りしました